顧問税理士をお探しの方へ

今の顧問税理士に満足していますか?

経営者と税理士は、一度お付き合いが始まると長い付き合いになると思いますが、時として税理士を変えたいと思う場面も当然あると思います。
このようなときはどうすればいいのでしょうか。

税理士選びのポイント

  • 委託業務内容の確認
    まずは自社の経理と税理士の業務内容を良く知ることが重要です。
    税理士を探す理由は、税務・会計に関するアドバイス、経営相談、税務調査の立会等多々ありますが、税理士を探す前に自社の経理を見直すと共に税理士にお願いしたい業務に優先順位をつけるべきです。
    そして、何の業務を委託するのかを明確にしておきましょう。

  • 顧問報酬の明確化
    税理士顧問料は基本的に人件費です。
    税理士が時間を割かなければならないサービスが多いほど税理士に支払う料金は高くなります。
    最近増えている、”月○○○円で、貴社の経理を請け負います”というような、破格値で営業をかけてくる税理士もおりますが、ご自身がどのレベルのサービスを求めるのかを把握し、顧問報酬に見合ったサービスを本当に提供してくれるのかをご自身で確認しましょう。

  • 得意分野は何か
    一口に税金といっても様々なものがあり、近年は税法に関する改正も頻繁に行われ、改正内容も多岐にわたることから、税法を全て得意分野とする税理士は少なくなってきています。
    得意分野や経験は、過去の経歴や実績が判断の基準になります。
    現在は、様々な業務に特化した事務所も数多く存在し、そういった事務所を複数ピックアップした上で、「同じ業種業界の顧問経験がどのくらいあるのか」などを税理士の先生に聞いてみましょう。


  • 相性はよさそうか
    税理士と長い付き合いをしていくうえで、税理士との相性は大きな問題です。
    特に、個人事業主や小規模法人の経営者にとっては、税理士に気軽に相談できることが非常に重要になってきます。
    そのため、一人でも多くの税理士に直接会って、ご自身で判断することが良いでしょう。

セカンドオピニオンを聞きたい

セカンドオピニオンとは、より良い決断をするために当事者外の専門的な第三者に意見を求めることです。
現在の顧問税理士との契約はそのままで、別の税理士の意見を聞くことができます。

  • 顧問税理士の説明が頼りないので、わかりやすく教えてほしい
  • 顧問税理士の意見に疑問があるので、他の税理士の意見を聞いてみたい
  • 顧問税理士は、ある分野については経験が少なそうなので、その分野に関する質問のみ答えてほしい
  • 税務調査の結果、顧問税理士に修正申告をするように勧められたが、その内容に納得がいかない
  • 先代からお願いしている顧問税理士は高齢なので、話が合わなくて相談しにくい
  • 将来的に顧問税理士は変えたいが、自社に合った税理士かどうかお試し期間を設けてから契約したい
  • 顧問税理士に言いにくいことを、事前に相談してみたい
  • どのように顧問税理士に話せばいいか、教えてほしい

もし、以上のどれか1つでも該当するものがあれば、当事務所のセカンドオピニオンサービスを受けてみてはいかがでしょうか?

当事務所の対応について

当事務所は税金計算だけが税理士の仕事と考えてはいません。
お客様の成長と発展のため、企業の多様な経営課題に対応するためワンストップで様々なサービスを提供し、地域で活躍される中小企業の経営者様にとって、よきパートナーとしてまたサポーターとして経営力向上に貢献いたします。

契約解除の話は切り出しにくいという理由で、顧問契約を続けていませんか?顧問契約を解除するというのは、相当の勇気と気力が要りますので、出来ればあまりしたくないのが人情です。
しかし、税理士事務所に求めることが変われば、事務所を変えることが一番の方法です。
事業者の多くは、税理士の知り合いがいたりしますが、あまりに身近な人や知り合いには依頼しにくいという、心理が働くようです。また、知り合いでは仕事に不備があった際に、苦情を言いづらいというのもあるようです。
他の税理士事務所からの変更の理由は様々ですが、ホームページからのお問合せも多く見受けられます。
当事務所では、いつでも新規の顧問先を募集しています。初回の相談料は無料です。税理士法上の守秘義務もあり、お客様の個人情報及び相談内容は守られますので、お気軽にお問合せ頂ければと思います。料金表はこちらからご覧ください。